施設紹介動画撮影とは

マイクロドローンでの動画撮影で
施設紹介コンテンツ作成を支援

元日本代表ドローンレーサーの撮影/操縦技術と、47都道府県の自治体との撮影やテレビ番組企画監修などの実績を元に、実務/法律面での知見によってあなたの施設の魅力を伝えるコンテンツ作成をサポートします。

施設が抱える課題

下見や内覧が難しい昨今の状況下で、オンラインであなたの施設の魅力を伝える手段をお持ちですか?

  • 直接内覧や下見に来てもらえない
    直接内覧や下見に来てもらえない
  • 写真やテキスト、普通の動画では魅力が伝わらない
    写真やテキスト、普通の動画では魅力が伝わらない
  • 撮りたいイメージはあるが、<br />
撮影や編集できるメンバーがいない
    撮りたいイメージはあるが、
    撮影や編集できるメンバーがいない

サービス紹介

現地へ下見しなくても、その空間の魅力が、リアルにオンライン体験できるマイクロドローンでの動画撮影。

  • サービス紹介01

    ドローン撮影

    ロケハン / 各種申請及び調査 / 撮影

  • サービス紹介02

    構成・編集

    企画・構成 / 編集(BGM、キャプション含む)

  • サービス紹介03

    撮影者研修

    社内研修 / ドローン製作講習 / コンサルティング

サービスの特徴

マイクロドローンならではの、
鳥の目線で施設の魅力を紹介

従来のドローンのように俯瞰で施設全体を眺めることはもちろん、小型で且つFPV(一人称視点)で操縦するため、窓から外へ抜けながらの内観から外観へのシームレスな移動や、高さのある天井近くまで上昇してみたり、施設の空間を鳥や蝶のような視点で体感できる映像が撮影できます。

働いている方も含め、
施設の普段そのままの自然な姿を表現

元日本代表ドローンレーサーによる操縦技術に加え、ドローンの機体も軽量でプロペラガードを取り付けているため、稼働している機械や働いている方のすぐ近くを通り抜けたり、普段営業されてるそのままの様子を映像に収めることが可能です。

特徴2

ワンカットに収める表現による
圧倒的なリアリティ

縦横無尽に移動できるマイクロドローンの特徴は、撮影者やクレーンの移動の制限を取り払い、極限までワンカットでの撮影を可能にしてくれます。

もちろん必要な編集はおこないますが、ワンカットに収める表現によって、動画を閲覧するお客様は、一部を切り取ったり誇張されているという疑念を抱くことなく、施設の広さや高さ、奥行きなど空間を正しく把握できるようになります。

導入実績

実施フロー

  • 01ヒアリング
    希望の撮影イメージを確認する
  • 02ロケハン
    撮影現場の確認、手続き申請等
  • 03撮影
    当日の撮影
  • 04編集
    シーンの選定、BGM、キャプション等
  • 05納品
    希望の形式で納品

※基本的な撮影プラン

CONTACT

ドローン撮影やイベント企画など、
お気軽にご相談ください。

ご相談はこちらから→→